Scroll

Interview 4 自分から後輩へ、
そして次の後輩へ。
つなぐことで
一緒に成長していきたい。

SI部
リーダー

お客様の要望をシステムに反映して、
お客様が満足するものをつくるのが楽しい。

大手BtoCメーカーのECサイトのシステム開発プロジェクトに携わっています。上流工程から開発までを一括受託で行う仕事なので、お客様と直接やり取りすることができ、責任も重いけど手応えも多いですね。お客様から要望を聞き出してシステムに反映するのですが、要望が多いと大変な面もあります。しかし、実際にお客様と意見を言い合えるのは貴重なこと。お客様の声を間近で聞き、こちらの考えを聞いてもらうことが、一番面白いところであり、やりがいにつながっています。

受けた仕事は最後までやり切る。
それを実際のプロジェクトで体現した。

ABIの行動指針に「受けた仕事は最後まで諦めずにやり切る」という言葉があります。システムの立ち上げに携わったプロジェクトで、まさにそのフレーズを体現した出来事がありました。システムを開発するまでに難しい問題がいくつも発生し、お客様もエンジニアもお互いに知恵を振り絞って対処した仕事です。チーム全員が当事者意識をもってゴールを見据え、最後まで諦めずにやり切ってシステムの稼働を見届けました。この一件でお客様からの信頼が増し、その後も継続的に仕事の依頼をいただいています。

自分ができることは後輩に伝授し、
スキルを若いメンバーにつないでいく。

ユニットリーダーという立場上、メンバーの成長を後押しする役割を負っています。システム開発は、自分一人だけができても仕方がありません。メンバーの成長があってこそ、チーム全体で良い仕事ができる。そのために、若手が成長する場を広げていきたいですね。自分ができることを後輩に伝え、汎用スキルと専門スキルに加えて最後まで一生懸命にやり遂げる意識をつないでいく。そしてチームで、その先に会社全体で一緒に成長していきたいと思っています。

Column

休日は公園で子供と遊ぶことが多いです。遊具で遊んだり、ボートに乗ったりして、のんびり過ごします。会社の部活にも参加しています。プラモデル部や釣り部に息子と一緒に参加させてもらって、会社のみなさんに遊んでもらっています。夏休みには家族でどこへ出かけようかと計画中で、今からとても楽しみです。