Scroll

Interview 10 営業の基本は、つなぐこと。
様々なものを
つなぐ存在でありたい。

営業部

お客様やパートナー様と、つながる。
常に顧客志向をもつ必要性を感じた。

昨日はパートナーだった会社が明日はお客様になることがある。その逆もあって、前回はお客様だった会社が次回はパートナーとして協力関係になることもある。IT業界に転職して、面白いと思ったことです。こういう流動的な関係が日常茶飯事ですので、私たち営業は全方位に顧客志向をもっていないといけないと感じました。ABIに入社する前に約10年の営業職経験がありますが、これまで以上にお客様とつながるよう、様々な提案をしていきたいと思っています。

入社1カ月で初受注。
そのときの周囲の対応がうれしかった。

初めて受注した日のことは今でも忘れられません。1カ月かけてアプローチして、細かな要望にお応えして、入社月に初受注なるかという31日に吉報をいただきました。このとき、成約できた喜びよりも、先輩のみなさんが最後まで私に付き合ってくれたのが、強く印象に残っています。電話するたびに経過を気にしてくれ、自分事のように心配してくれました。成約が決まった後、営業部だけでなく他部署のみなさんも一緒に飲みに行ってくれ、ABIの仲間の気持ちを痛感しましたね。おまけに社長からも祝福のメールが入って、なんて温かい会社なんだろうと胸が熱くなりました。

当たり前のことを当たり前にやる。
その積み重ねで様々なものをつなぎたい。

私は、営業の基本はつなぐことだと思っています。営業スタイルといっても何か特別な形があるのではなく、ちょっとしたことの積み重ねが大切。当たり前のことを当たり前にやっていれば、成果につながっていくと思っているんです。ただ数字だけを追求しても、いい結果は出ません。会社の理念である「つなぐ」を実現するために、みんなで同じ方向を向いてお客様に喜んでもらえる成果を上げる。その積み重ねで様々なものをつないでいくのが今から楽しみです。

Column

体を動かすことが大好きなので休日はジョギングしたり、学生時代から続けているボクシングをしたりしています。数年前にプロライセンスを取得したんですが、今は業務後や休日を利用して次世代を担うプロボクサーの育成に励んでいます。最近は同僚もエクササイズ目的で同じジムに通い出しました。いつかABIボクシング部を立ち上げたいと思っています。